遠距離恋愛体験談(失敗談)

MENU

遠距離恋愛体験談(失敗談)

 

当時私の勤めていた会社で経験した遠距離恋愛の話です。

 

当時私の勤めていた会社は、夏と冬が繁盛記の販売関係の会社でしたので、忙しい季節には近隣の高校生や大学生、休みの日だけ帰郷している大学生などをアルバイト雇用して、1~2ヶ月ほど皆でワイワイと仕事をしていました。

 

当時私は22歳だったのですが、店長は21歳、他のアルバイトも16~22歳と若く、支店の中でも飛びぬけて若い人ばかりが集まる店舗だったこともあり、仕事が終わっても皆で食事に行ったりワインを飲んだりと、仲良くしていました。

 

そこで仲良くなった中のひとりの、1歳年下の大学生を私が好きになってしまったのです。彼はいつもは他県に住んでいる大学生なのですが、夏や冬の休みの際にはいつもアルバイトに来ている長身の優しい人でした。

 

好きになったのはいいけれど、彼は夏休みが終わったら大学へ帰ってしまう、そう思い、8月下旬に焦って告白しOKをもらいました。

 

そこからは私が車やバスで彼の住んでいる県まで会いに行くという、遠距離恋愛が始まりました。

 

月に1度私が彼の元へ行ったり、彼が帰ってきた時には一緒に出かけたりと楽しい時間を過ごしていたのですが、恋人達の一番盛り上がる時間であるクリスマスイブに大事件が起りました。

 

彼とはクリスマスに地元のテーマパークへ一緒に行こうと約束をしていたのですが、その日は私が仕事になってしまい、彼に電話であやまったのですが、彼は快く許してくれました。

 

そしてその当日、仕事が終わって彼に電話を入れてみると、彼は地元の男友達とそのテーマパークへ遊びに行っていたのです。

 

私は電話口で「何で友達と一緒に行くの?」と苛立ちをぶつけると「チケット無駄になるし」という答え。彼はそのテーマパークの無料チケットを知人から譲り受けたけれど、私が行けなくなったので友達と行った、何が悪いの?と非常に不思議そうでした。

 

私からしたら、そのデリカシーの無さにずっと考えていた気持ちを彼に吐き出してしまったのです。

 

「本当は私より好きな人が別にいるんでしょ?」

 

この言葉に、彼は沈黙しました。この電話の後、彼に詳しい話を聞いてみると、彼には同じ大学にずっと好きな人がいて、告白できないまま1年以上が経っていたらしいのですが、私に告白されたのが女子からの初めての告白で、私の事を恋愛対象としてみていなかったけれど、付き合ってみようと付き合ったんだ、そう告白しました。

 

なんでそんな事するの?なんで告白しないで、好きじゃない人と付き合うの?そう言う私に彼は。

 

「告白してきた方が悪いんだよ」

 

と逆ギレされ、こんな人とは思わなかったと失望し、当然別れることになりました。

 

(今思えば、ただ彼女がいるという状況にあこがれただけの、大人になりきれていない男子だったのだと思います)

 

そこからが大変で、同じ会社にいるのに避けられたうえ、携帯番号も変えられ避けられっぱなしのままこの恋は終わりを告げました。

 

夏の恋というのは、周囲の熱に促されて始まるように、終わるのは寒い季節が多いようですが、私もまさにそのパターン。周囲からみたらどうでもいいような事であっけなく恋は終わってしまったのです。

 

それから2ヵ月後、新しい彼ができたので、その頃には当時の彼の事は吹っ切れていましたが、今思い出しても何であんな人とつきあったんだろう?と後悔しきりです。

恋愛体験談