遠距離恋愛だったから経験できたこと

MENU

遠距離恋愛だったから経験できたこと

 

私は高校生の17歳から社会人になった20歳まで福岡と東京で遠距離恋愛をしていました。

 

出会いは、私が旅行で行った東京でした。
友人と二人で行ったのですが、友人は東京に住んでいる親戚と会うことになっていたので、その間私は一人で東京観光をしていました。

 

しかし、電車の乗り継ぎを間違えてしまい困っているところを助けてもらったのが、その彼でした。
彼は親切にも私の目的地まで一緒に行ってくれたのです。

 

その日は何の予定もないという彼を私が無理矢理誘い、そのまま一緒に観光をしました。
その際に連絡先を交換し、私が福岡に帰ってからも連絡を取り合っていました。

 

 

そして遠距離恋愛になることは承知で私から告白し、お付き合いすることになりました。

 

当時高校生だった私と、大学生だった彼が会えるのは一年で数回でした。
私が夏休みと冬休みに彼に会いに東京へ行きました。

 

高校生の私にとって東京までの交通費は簡単に出せるものではありませんでした。
しかし、それまで貯めていた貯金で会いに行ったのですが、その後彼がそれ以上のお金を私の銀行に振り込んでくれました。
そして、私は高校を卒業し、短大に入学しました。

 

それまでできなかったアルバイトができるようになり、これで彼にもっと会えるようになると、必死でアルバイトをしました。
ですが、そんな働きづめの私を心配して、長期の休みが近づく度に彼が郵送で飛行機のチケットを送ってくれました。
もちろんもらってばかりでは悪いと断りましたが、遠距離恋愛で寂しい思いをさせているからと彼はいつも私からのお金を受け取ってはくれませんでした。

 

なので、私達は年に10回ほどあっていたうちの半分を、真ん中の関西で会うようにしました。
京都、大阪、奈良、兵庫などその時々で場所を変え、数日を一緒に過ごしました。

 

そして、彼が大学を卒業し、私も短大を卒業して社会人になってからはしょっちゅう旅行に行くようになり、沖縄、北海道、東北と様々なところへ旅行へ行きました。
おかげで、私達は日本中でたくさんの思い出を作ることができました。

 

遠距離恋愛は時に心細く、寂しいものでしたが、いつも側にいる恋人よりも絆は強かったと思いますし、近くに住んでいるよりもお金はかかったものの、なかなか経験できない数の旅行を楽しめたと思います。

 

結局色々あり、彼とはお別れすることになってしまいましたが、お互い結婚した今でもお互いの結婚相手も公認の大親友になることができました。
とても良い恋愛経験だったと心から思えます。

恋愛体験談