遠距離恋愛に終止符を打つタイミング

MENU

遠距離恋愛に終止符を打つタイミング

 

 

遠距離恋愛・・・・・・・・・・好きな時に好きな人に会えない、もっとも辛い恋愛の形の一つです。
もし選べるなら、遠距離恋愛なんてしたくない。
でも、つき合っている人が遠くへ転勤になってしまったり、たまたま旅先で恋に落ちた人が遠い土地に住む人だったり、または一時の遊びのつもりで始めた外国人との恋にはまってしまったり・・・。
遠距離恋愛を始めるきっかけは様々です。
では、遠距離恋愛を終わりにするきっかけはどうでしょうか?
辛い遠距離恋愛。
相手の顔が見えない分だけ、はっきりと終わりを感じることも難しいと言えるでしょう。
そんな辛い恋に自分から終止符を打つ潮時を、ここでこっそりお教えします。

 

 

他にもっと気になる人ができたとき

 

言うまでもないことですが、恋愛は自由です。
彼氏がいるからといって、新しい出会いを自ら制限する必要は全くありません。
恋愛は、これから長く続くであろう人生の土台を一緒に築くためのパートナー探しであって、慈善事業ではありません。
遠くにいる彼氏に悪いから、裏切ることはできないからと、せっかく巡って来た出会いのチャンスを棒に振る必要など全くないのです。
もしも身近に彼より気になる人が現れたら、自分の気持ちに素直になって、新しい恋を楽しみましょう。

 

 

会える回数がどんどん減って来たとき

 

愛し合っている2人なら、たとえどんなに離れていても、何を優先してでも恋人に会いたいと思うはずです。
もちろん障害はたくさんあります。
相手が遠ければ遠いほど、休みが取れない、交通費が高い、スケジュールが合わないなど、いろいろな問題が生じます。
それでも、つき合い始めた頃は月に一度は会っていたのに、ここ最近は3ヶ月に一度になったとしましょう。
彼がどんな理由を並べようと、それはあくまでも言い訳です。
真の理由はただ一つ、「あなたの優先順位が下がった」ということだけです。
あなたはもう、彼にとって、何を差し置いても会いたい相手ではなくなったということです。
こうなってしまったら、彼の気持ちを取り戻すのはもう無理だと思って下さい。
貴重な時間を無駄にせずに、けじめをつけて前に進みましょう。

 

 

辛さに耐えられないとき

 

遠距離恋愛には、はっきりと向き不向きがあります。
恋愛に100パーセントを捧げてしまう人は、はっきり言って遠距離恋愛向きではありません。
きっと彼のことが心配で、常に頭から離れず、寂しくて、何をしても楽しめないでしょう。
例えば、1人の時間を映画を見たりプチ旅行に行ったりして楽しむ、友達とわいわい過ごす、日曜の朝はカフェ巡りをしてみる・・・などなど、彼が近くにいなくてもそれなりに人生を楽しむ方法はいくらでもあります。
お金がないなら図書館に行って本を読むのもいいですし、お天気がいい日なら公園でのんびりするのも素敵なものです。
でももしあなたが、始終「彼がそばにいてくれたら・・・」と考えているなら、こんな辛い恋愛は止めて、近くにいる人を探しましょう。
たとえ彼ほど好きになれなくても、あなたの近くにいてくれる人は、彼よりもあなたを幸せにしてくれることは間違いありません。

 

 

まとめ

 

遠距離恋愛という、最初から障害の多い恋の形を選んでしまったあなた。
日々の辛さも、将来への不安も多いことでしょう。
でも考えてみて下さい。
恋愛というのは、本来幸せであるべきものなのです。
離れていても、心が通じていることでお互いが幸せだと思えるなら、続けて行く価値もあるでしょう。
でももし、辛いことの方が多いなら、ちょっと立ち止まって考えてみましょう。
この恋愛だけが全てではありません。
笑顔のあなたを取り戻すために、または、もっと楽しい毎日を手に入れるために、あなたに合った恋愛の形を探してみてはいかがでしょうか?

 

恋愛体験談